造影剤と画像診断情報サイト Radiology & Interventional

このサイトは、医療関係者の方を対象に、造影剤と画像診断に関する情報を掲載しております。ご利用の際は、必ず注意事項をお読み下さい。こちらは、医療関係者のためのページです。

あなたは医療関係者ですか?

造影剤と画像診断情報サイト

  

症例背景とMRI検査の目的

70歳代 女性.
C型肝硬変症で外来経過観察中, 腹部超音波検査にて1.1cm大の不明瞭な高エコー域を認め, 結節の存在を 疑い,
精査のためdynamic CTの撮影とEOB・プリモビスト造影MRIの肝細胞造影相の撮像を行った.
さらなる精査のため 血管造影下CTの撮影および EOB-RVSを施行した.

撮像パラメーターと造影剤の投与方法

造影剤の投与方法
参考:本症例のCT検査

画像所見


まとめ;EOB・プリモビスト造影MRIがなければ検出できない中分化型肝細
胞癌が存在することを踏まえると、EOB-RVSは肝細胞癌診療において画期
的なmodalityといえる

 EOB・プリモビスト造影MRIの出現は, しばしば他のmodalityでは検出できない非多血性の肝細胞性結節を肝細胞 造影相で低信号として描出し, 肝細胞癌診療の現場に大きな衝撃を与えた. その多くはdysplastic noduleから 高分化型肝細胞癌であると考えられている中, 今回我々はEOB・プリモビスト造影MRIをリファレンスとしたReal-time Virtual Sonography(以下EOB-RVS)下の生検にて, 高分化型肝細胞癌の中に中分化型肝細胞癌が混在していた 症例を経験した. EOB・プリモビスト造影MRI時代における肝細胞癌診療のあり方を考えさせる示唆に富む症例である.

 結節像を明瞭に描出できたのはEOB・プリモビスト造影MRIの肝細胞造影相のみであったが, 組織学的に 高~中分化型肝細胞癌であるという一例であった. 今回の症例のように, EOB・プリモビスト造影MRIがなければ 検出できない中分化型肝細胞癌が存在するという事実を踏まえ, 今後我々はEOB・プリモビスト造影MRI時代 における新たな肝細胞癌診療を展開していく必要があると思われる.
 EOB・プリモビスト造影MRIの肝細胞造影相は脈管の描出にもすぐれ, RVSにおけるリファレンス画像として 適している. さらに今回の症例のようにEOB・プリモビスト造影MRIでのみ検出される結節を, EOB-RVSを 用いることで超音波検査下に描出でき, 診断・治療などの処置を加えることができる. 肝細胞癌診療において, EOB-RVSは非常に画期的なmodalityといえる.
 本症例はEOB・プリモビスト造影MRI時代における肝細胞癌診療の新たな展開が垣間見えた一例であったと 思われる.

Real-time Virtual Sonographyは、株式会社日立メディコの登録商標です.



4. 高齢者への投与

会員登録のご案内
Journals
プロトコル設定のコンパス(造影CT編)
プロトコル設定のコンパス(造影MRI編 ガドビスト)
EOB・プリモビスト造影MRI 検査プロトコル
造影剤と画像診断の情報サイト 主要製品紹介
イオパミロン注
ガドビスト静注1.0M
EOB・プリモビスト注
最近見たページ 
造影剤と画像診断の情報サイト おすすめコンテンツ







- 1 2 3 + icon

クリックで変更