造影剤と画像診断情報サイト Radiology & Interventional

このサイトは、医療関係者の方を対象に、造影剤と画像診断に関する情報を掲載しております。ご利用の際は、必ず注意事項をお読み下さい。こちらは、医療関係者のためのページです。

あなたは医療関係者ですか?

造影剤と画像診断情報サイト

  

はじめに

肝癌取扱い規約(第5版)において肝細胞癌の腫瘍肉眼型は①境界不明瞭型,②単純結節型,③単純結節周囲増殖型,④多結節癒合型,⑤浸潤型に大別されている.浸潤型を除く結節型肝細胞癌において腫瘍肉眼型が③④を示す肝細胞癌は, 病理学的脈管侵襲, 肝内転移の頻度が高く, 切除例または肝移植例において有意な予後不良因子と報告されている.よってこれらの腫瘍に対しては系統的肝切除術が望まれるが,切除困難例では肝動脈化学塞栓術(TACE)が行われることも多い.TACE施行例における腫瘍肉眼型別の予後や再発頻度に対するまとまった報告は少なく,いまだ意義は不明であるが, 経験的に単純結節周囲増殖型や多結節癒合型においてTACEの効果不良例や早期再発例が多い印象はある.故にTACE術前にその腫瘍肉眼型を評価することは, TACE時の治療範囲,薬剤量や塞栓程度,またはRFA併用の有無やTACE後のソラフェニブなどの分子標的薬の早期導入など, 治療方針の決定に重要と考えられる.
今回,単純結節周囲増殖型と単純結節型を示す肝細胞癌が併存し,TACE時の術前画像診断においてEOB・プリモビスト造影MR(I 以下EOB-MRI)が腫瘍肉眼型の評価に有用であった症例を経験したので報告する.

EOB・プリモビストを用いたMRI検査の方法

造影剤投与方法
造影CT検査の方法

Case Presentation










4. 高齢者への投与

会員登録のご案内
Journals
プロトコル設定のコンパス(造影CT編)
プロトコル設定のコンパス(造影MRI編 ガドビスト)
EOB・プリモビスト造影MRI 検査プロトコル
造影剤と画像診断の情報サイト 主要製品紹介
イオパミロン注
ガドビスト静注1.0M
EOB・プリモビスト注
造影剤と画像診断の情報サイト おすすめコンテンツ







- 1 2 3 + icon

クリックで変更