造影剤と画像診断情報サイト Radiology & Interventional

このサイトは、医療関係者の方を対象に、造影剤と画像診断に関する情報を掲載しております。ご利用の際は、必ず注意事項をお読み下さい。こちらは、医療関係者のためのページです。

あなたは医療関係者ですか?

造影剤と画像診断情報サイト

  

はじめに

福井県済生会病院 放射線科 宮山士朗 先生

本邦での肝動脈化学塞栓療法(TACE)は, リピオドール(Lip)とゼラチンスポンジ(GS)を用いるconventional TACE(cTACE)が主流であるが,2014年初頭より薬剤溶出性ビーズ(DEB)も導入された. DEB-TACEのコンセプトは,腫瘍血管や腫瘍近傍の血管内に抗癌剤を徐放する小粒子を充填し, 阻血と抗癌作用の2つの効果で腫瘍を壊死に陥らせるというものである. 治療成績はcTACEと同等と評価されているが, 肝予備能不良例や進行した腫瘍での有効性に期待がもたれ, 各施設で様々な検討がおこなわれている.
その一方で, TACE不応となった場合には, 分子標的治療薬など, 次の治療法を速やかに検討する必要があるため,より正確な治療効果判定が求められる. T A C E 後の治療効果判定にはC TやE O B・プリモビスト造影M R I(EOB-MRI)が用いられるが, cTACEの場合には腫瘍内に集積したLipの影響により, 正確な評価が困難な場合がある. またDEB-TACE後には微細な残存腫瘍と治療に伴う炎症との区別が難しい場合がある. われわれはTACE後には原則的にCTとEOB-MRIを2~3ヵ月毎に交互に施行しているが, CTで再発(残存)が疑われるものの確診できな い場合にもEOB-MRIで評価している. 今回, TACE後の経過観察にEOB-MRIが有用であった2例を供覧する.

はじめに

EOB・プリモビストを用いたMRI検査の方法

造影剤投与方法
CT検査の方法

Case Presentation 1










Case Presentation 2











4. 高齢者への投与

会員登録のご案内
Journals
プロトコル設定のコンパス(造影CT編)
プロトコル設定のコンパス(造影MRI編 ガドビスト)
EOB・プリモビスト造影MRI 検査プロトコル
造影剤と画像診断の情報サイト 主要製品紹介
イオパミロン注
ガドビスト静注1.0M
EOB・プリモビスト注
造影剤と画像診断の情報サイト おすすめコンテンツ







- 1 2 3 + icon

クリックで変更