造影剤と画像診断情報サイト Radiology & Interventional

このサイトは、医療関係者の方を対象に、造影剤と画像診断に関する情報を掲載しております。ご利用の際は、必ず注意事項をお読み下さい。こちらは、医療関係者のためのページです。

あなたは医療関係者ですか?

造影剤と画像診断情報サイト

  

肝細胞癌治療におけるRFAの役割

本邦の科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドラインでは,肝障害度がAまたはBで,腫瘍が単発であれば腫瘍径にかかわらず肝切除が第1選択に推奨されているが,腫瘍径が3cm以内ならばRFAも選択肢となる.腫瘍数が2または3個で腫瘍径が3cm以内ならば肝切除またはRFAが推奨される.従って,RFAは腫瘍径3cm,3個以内が適応となっている.当院においても基本的にこの治療アルゴリズムに準じてRFA治療適応を決定している.
Hasegawaらは日本肝癌研究会の全国追跡調査をまとめ,肝障害度AまたはBで,3cm,3個以下の肝細胞癌を対象とした時,生存率,再発率ともに肝切除がRFA,PEIに比し有意に良好な成績であったことを報告している(J Hepatol2013).一方,本邦において6-7割の肝細胞癌がC型肝炎に起因するものであるが,C型肝炎患者が高齢化し,同時に肝細胞癌患者も高齢化している.このような肝細胞癌患者の高齢化に伴い,RFA治療を選択する機会が増加している.また,バイポーラRFAシステムの登場により,複数の治療針を穿刺することにより腫瘍に直接穿刺せず,腫瘍内圧を上昇させることなく焼灼することが可能となり(no-touch ablation),人口腹水と併用しながらの肝表面の肝細胞癌に対する治療,またマルチニードルによる治療などRFA治療の適応も広がっている.また当院では,慢性肝疾患における超音波検査による肝癌スクリーニングで発見された結節の精査,超高危険群における肝癌スクリーニングにおいて造影CTではなくEOB・プリモビスト造影MRI(以下EOB-MRI)を用いている.EOB-MRIは造影CTより,早期肝癌を含めた肝細胞癌の診断能が高く,腫瘍径の小さい段階での肝細胞癌が発見されることが多くなり,このような面からもRFA治療の機会が増加している.一方で肝細胞癌の肉眼分類において多結節癒合型は悪性度が高く,この多結節癒合型肝細胞癌の術前診断において,EOB-MRIや造影超音波の有用性が報告されており,画像的に多結節癒合型肝細胞癌が疑われれば,可能な限り手術を施行している.

RFA後の再発診断におけるEOB-MRIの有用性

肝癌に対するRFA治療後の再発は,年率15-20%程度とされ,いわば肝癌発生の超高危険母地であり,再発診断は極めて重要である.RFA後の再発診断のためのフォローアップ検査の間隔,診断法に関する十分なエビデンスはなく,画像診断と腫瘍マーカーによる定期的なフォローが一般的である.腫瘍マーカーではAFP,AFP-L3分画,PIVKA-Ⅱの2-3か月毎の定期的な検査が一般的と考えられる.画像診断では,我々は古典的な多血性肝細胞癌の診断,早期肝癌の診断におけるEOB-MRIの有用性を報告してきたが(Kogita et al.Eur Radiol 2010, Ohnishi et al. Eur Radiol 2012),その他EOB-MRIが造影CTより肝細胞癌の診断能が優れていることが多く報告されている.当院では,肝細胞癌に対するRFA後,基本的に3か月毎にEOB-MRIを施行している.EOB-MRIがRFA後の定期的フォローアップに適している理由として,その診断能の高さ以外にもいくつか挙げられる.造影CTと違い被曝がないこともその長所である.Toyodaらは肝細胞癌術後の患者においてEOB-MRI肝細胞造影相で乏血性低信号結節を有する患者は,有しない患者と比し再発率が高いこと,すなわち肝細胞癌発生のポテンシャルが高いこと,再発予測に有用であることを報告している(J Hepatol 2013).また最近では,fusion imagingがRFAの治療支援に使われることが多くなってきているが,その際にも,EOB-MRI肝細胞造影相がreference画像として有用であり,当院でも多くの症例でEOB-MRI肝細胞造影相をreference画像として用いている(Makino et al. Oncology 2013).また,我々は多血性肝細胞癌の根治的RFA後の再発診断におけるEOB-MRIと造影CTの多施設共同前向き比較試験で,EOB-MRIが造影CTより再発診断能が高く,より早期に再発を検出しうる結果を得ている.

EOB・プリモビストを用いた腹部MRI検査の方法

造影剤の投与方法
参考:造影CT検査(標準的なプロトコール)

Case Presentation 1







Case Presentation 2








4. 高齢者への投与


会員登録のご案内
Journals
プロトコル設定のコンパス(造影CT編)
プロトコル設定のコンパス(造影MRI編 ガドビスト)
EOB・プリモビスト造影MRI 検査プロトコル
造影剤と画像診断の情報サイト 主要製品紹介
イオパミロン注
ガドビスト静注1.0M
EOB・プリモビスト注
造影剤と画像診断の情報サイト おすすめコンテンツ







- 1 2 3 + icon

クリックで変更