造影剤と画像診断情報サイト Radiology & Interventional

このサイトは、医療関係者の方を対象に、造影剤と画像診断に関する情報を掲載しております。ご利用の際は、必ず注意事項をお読み下さい。こちらは、医療関係者のためのページです。

あなたは医療関係者ですか?

造影剤と画像診断情報サイト


  
      
※  
※  

画像所見




両側卵管疎通性は認めるも、左卵管は水腫様、右卵管も卵管采周囲癒着が疑われる。




15分後の拡散像で、左卵管は水腫様に造影剤が貯留したまま残っている。

診療上の有用性について

・本例で、イソビスト注300 を用いた子宮卵管造影を実施したが、
   両側卵管の状態は不良であったことから、ART*に進むこととになった。顕微授精後の融解胚移植で妊娠。
   *ART(Assisted Reproductive Technology;生殖補助医療技術)
・このようにイソビスト注300 を用いた子宮卵管造影検査は、
   卵管疎通性や造影剤の拡散状態について鮮明な画像が得られることから、卵管疎通性検査に有用である。


会員登録のご案内
Journals
プロトコル設定のコンパス(造影CT編)
プロトコル設定のコンパス(造影MRI編 ガドビスト)
EOB・プリモビスト造影MRI 検査プロトコル
造影剤と画像診断の情報サイト 主要製品紹介
イオパミロン注
ガドビスト静注1.0M
EOB・プリモビスト注
最近見たページ 

›  
造影剤と画像診断の情報サイト おすすめコンテンツ







- 1 2 3 + icon

クリックで変更