造影剤と画像診断情報サイト Radiology & Interventional

このサイトは、医療関係者の方を対象に、造影剤と画像診断に関する情報を掲載しております。ご利用の際は、必ず注意事項をお読み下さい。こちらは、医療関係者のためのページです。

あなたは医療関係者ですか?

造影剤と画像診断情報サイト


  
      
※  
※  

MRI画像



T2強調画像で棘上筋腱断裂を疑う所見が認められるが、断裂サイズや形態については 不明瞭。

イソビスト注240 関節造影

機能撮影において、肩峰下滑液包への 造影剤流出を認めた。

関節造影後 CT画像

関節造影後CT撮影にて、腱板断裂の部位および断裂の大きさの特定が可能であった。


・腱板断裂損傷例では、損傷の程度が MRI 画像で正確に描出されないケースがある。
   本例ではMRI 画像にて棘上筋腱断裂を疑う所見が認められたが、断裂の大きさや形態は不明瞭であった。
・本例において、イソビスト注240 を用いた関節造影を実施することにより、術前に腱板断裂の大きさや形態の評価が
   可能になった。
・このように、MRI 画像で損傷程度が明瞭に描出されないケースでの術前評価等において、関節造影は診断上、
   有用となることがある。


会員登録のご案内
Journals
プロトコル設定のコンパス(造影CT編)
プロトコル設定のコンパス(造影MRI編 ガドビスト)
EOB・プリモビスト造影MRI 検査プロトコル
造影剤と画像診断の情報サイト 主要製品紹介
イオパミロン注
ガドビスト静注1.0M
EOB・プリモビスト注
造影剤と画像診断の情報サイト おすすめコンテンツ







- 1 2 3 + icon

クリックで変更