造影剤と画像診断情報サイト Radiology & Interventional

このサイトは、医療関係者の方を対象に、造影剤と画像診断に関する情報を掲載しております。ご利用の際は、必ず注意事項をお読み下さい。こちらは、医療関係者のためのページです。

あなたは医療関係者ですか?

造影剤と画像診断情報サイト


  
      
※  
※  

イソビスト注240 関節造影




内側から下方の関節包の拡大を認める

関節造影後 CT画像




関節窩から上方関節唇の剥離を認める




前方関節唇の剥離を認める

造影を行い関節包を拡大したことにより、関節唇の損傷が単純CTやMRIに比べ明確に判定可能となった。








関節鏡視像

・本症例は、CT関節造影により、大きな関節窩の損傷はなく、関節唇靱帯複合体の損傷のみであることが確認できた。
   関節鏡視下に下上腕関節靭帯から上方関節唇までsuture anchor(縫合糸アンカー)を用いて修復した。
・本検査により軟部組織の損傷形態、合併損傷を詳細に観察することができ、
   手術前の修復計画をより綿密に作成することが可能となった。


会員登録のご案内
Journals
プロトコル設定のコンパス(造影CT編)
プロトコル設定のコンパス(造影MRI編 ガドビスト)
EOB・プリモビスト造影MRI 検査プロトコル
造影剤と画像診断の情報サイト 主要製品紹介
イオパミロン注
ガドビスト静注1.0M
EOB・プリモビスト注
造影剤と画像診断の情報サイト おすすめコンテンツ







- 1 2 3 + icon

クリックで変更