造影剤と画像診断情報サイト Radiology & Interventional

このサイトは、医療関係者の方を対象に、造影剤と画像診断に関する情報を掲載しております。ご利用の際は、必ず注意事項をお読み下さい。こちらは、医療関係者のためのページです。

あなたは医療関係者ですか?

造影剤と画像診断情報サイト


有効成分の理化学的知見

一般名:ガドキセト酸ナトリウム(Gadoxetate Sodium)
略号:Gd-EOB-DTPA
構造式:EOB・プリモビスト 有効成分の理化学的知見
分子式:C23H28GdN3Na2O11
分子量:725.71 性 状:本品は白色の粉末である。
溶解性:本品は水に溶けやすく、エタノール(95)に
      やや溶けやすい。

組成・性状

販売名            EOB・プリモビスト注シリンジ
内容量            5mL、10mL
有効成分含量            1mL中、ガドキセト酸ナトリウム
  181.43mg含有
有効成分濃度            250 mmol/L
添加物            トロメタモール: 1.211mg/mL
カロキセト酸三ナトリウム: 1mg/mL
pH調整剤(2成分):適量
色・性状            無色~微黄色澄明の注射液
粘度            25℃: 1.58mPa・s
  37℃: 1.19mPa・s
浸透圧比(生理食塩液に対する比)            約2
pH            6.8 ~ 8.0

緩和度

ガドキセト酸ナトリウム(Gd-EOB-DTPA)は、特に血漿中で、プロトンのT1値およびT2値に対し、ガドペンテト酸メグルミン(Gd-DTPA)よりも強い短縮効果をもたらす。 すなわち、Gd-EOB-DTPAの緩和度(r1値およびr2値)はGd-DTPAよりも高い値を示す。また、2 種類の磁場強度間( 0.47 Tおよび 2.0 T)で、血漿中での緩和度(r1値)に差は見られなかった。
◆ T1緩和度およびT2緩和度に対する効果(in vitro)
EOB・プリモビスト 緩和度

関連製品基本情報

  効能・効果、用法・用量、警告、禁忌、原則禁忌を含む使用上の注意、用法・用量に関連する使用上の注意につきましては、製剤の添付文書をご参照ください。


会員登録のご案内
Journals
プロトコル設定のコンパス(造影CT編)
プロトコル設定のコンパス(造影MRI編 ガドビスト)
EOB・プリモビスト造影MRI 検査プロトコル
造影剤と画像診断の情報サイト 主要製品紹介
イオパミロン注
ガドビスト静注1.0M
EOB・プリモビスト注
最近見たページ 

›  
造影剤と画像診断の情報サイト おすすめコンテンツ







- 1 2 3 + icon

クリックで変更