造影剤と画像診断情報サイト Radiology & Interventional

このサイトは、医療関係者の方を対象に、造影剤と画像診断に関する情報を掲載しております。ご利用の際は、必ず注意事項をお読み下さい。こちらは、医療関係者のためのページです。

あなたは医療関係者ですか?

造影剤と画像診断情報サイト



開発の経緯

EOB・プリモビスト注シリンジは、バイエル薬品が開発した常磁性のガドキセト酸ナトリウム(略号:Gd-EOB-DTPA)を有効成分とするMRI用肝臓造影剤です。
本剤は、細胞外液性のMRI造影剤であるガドペンテト酸(略号:Gd-DTPA)分子に脂溶性側鎖であるエトキシベンジル基(EOB)が導入された構造を有し、細胞外液性造影剤と肝特異性造影剤の両方の特徴を併せ持つものであり、T1強調画像において造影効果を発揮します。
本剤はドイツにおいて1993年に臨床試験が開始された。その後、2004年にはじめてスウェーデンで発売され、現在49カ国で承認されています(2011年3月現在)。
本邦では1994年に臨床試験が開始され、「磁気共鳴コンピューター断層撮影における肝腫瘍の造影」における有効性、安全性が確認された結果、2007年10月に承認されました。

製品の特性

1. 国内初の肝細胞特異性を有するMRI用肝臓造影剤です。
2. 1回の投与で、肝腫瘍の血流評価と肝細胞機能の評価が可能です。
3. 肝腫瘍において、優れた診断能を示します。
4. 利便性に優れたシリンジ製剤です。
5. 副作用発現率は、4.33%(76/1,755例)でした。
    [承認時:国内及び海外臨床試験の合計]
    総症例1,755例中76例(4.33%)に副作用が認められました。
    主な副作用は、血管拡張(熱感、潮紅)16例(0.91%)、悪心12例(0.68%)、味覚倒錯9 例(0.51%)、頭痛8 例(0.46%)
    等でした。
    重大な副作用として、本剤投与後にショック、アナフィラキシー様症状が報告されています。

効能・効果

磁気共鳴コンピューター断層撮影における肝腫瘍の造影

用法・用量

通常,成人には本剤0.1mL/kgを静脈内投与する

関連製品基本情報

  効能・効果、用法・用量、警告、禁忌、原則禁忌を含む使用上の注意、用法・用量に関連する使用上の注意につきましては、製剤の添付文書をご参照ください。


会員登録のご案内
Journals
プロトコル設定のコンパス(造影CT編)
プロトコル設定のコンパス(造影MRI編 ガドビスト)
EOB・プリモビスト造影MRI 検査プロトコル
造影剤と画像診断の情報サイト 主要製品紹介
イオパミロン注
ガドビスト静注1.0M
EOB・プリモビスト注
最近見たページ 

›  
造影剤と画像診断の情報サイト おすすめコンテンツ







- 1 2 3 + icon

クリックで変更