造影剤と画像診断情報サイト Radiology & Interventional

このサイトは、医療関係者の方を対象に、造影剤と画像診断に関する情報を掲載しております。ご利用の際は、必ず注意事項をお読み下さい。こちらは、医療関係者のためのページです。

あなたは医療関係者ですか?

造影剤と画像診断情報サイト


マグネビスト静注

マグネビストの歩み

マグネビストは・・・
1988年に発売後も、常に進化しています。


1988 アンプル新発売 20mL管
磁気共鳴コンピューター
断層撮影における下記造影
脳・脊髄造影
マグネビストアンプル新発売
1991 効能・効果の追加 躯幹部・四肢造影
1992 アンプル剤型追加 10/15mL管 マグネビストアンプル剤型追加
1993 バイアル新発売 10/15/20mL瓶 マグネビストバイアル新発売
1995 シリンジ新発売 10/15/20mL PFS マグネビストシリンジ新発売
1997 シリンジ剤型追加 5mL PFS マグネビストシリンジ剤型追加
2000 シリンジ製剤
形状変更
プランジャー 一体型
2003 シリンジ製剤
形状変更
シリンジ先端部分の
セラミックコーティング化

シリンジ先端部(ノズル部分)
にセラミックをコーティング
(摺りガラス状に)することにより、
接続した翼状針などとシリンジ先
端との装着度を改善しました。
マグネビストシリンジ製剤形状変更
ルアーロック部分の改良
ルアーロックアダプターの形状及び材質

の変更により、ルアーロックアダプターに
接続した三方活栓・延長チューブなどと
シリンジとの装着強度を強化しました。
マグネビストシリンジ製剤形状変更
2007 用法・用量の変更 腹部から下肢までを連続して血管
撮像する場合は、0.4mL/kgを投与
する

2008 バイアル剤型追加 30mL瓶 マグネビストバイアル剤型追加

*PFS:プレフィルドシリンジ


マグネビスト開発等当時をふりかえって

マグネビストの使用経験・実績

マグネビストの使用経験・実績

安全性

マグネビスト 安全性

腎性全身性線維症(NSF)に対するリスクマネージメント

マグネビスト 腎性全身性線維症(NSF)に対するリスクマネージメント
マグネビスト 腎性全身性線維症(NSF)に対するリスクマネージメント
マグネビスト 腎性全身性線維症(NSF)に対するリスクマネージメント

製剤特性

マグネビスト 製剤特性
マグネビスト 製剤特性


会員登録のご案内
Journals
プロトコル設定のコンパス(造影CT編)
プロトコル設定のコンパス(造影MRI編 ガドビスト)
EOB・プリモビスト造影MRI 検査プロトコル
造影剤と画像診断の情報サイト 主要製品紹介
イオパミロン注
ガドビスト静注1.0M
EOB・プリモビスト注
最近見たページ 
造影剤と画像診断の情報サイト おすすめコンテンツ







- 1 2 3 + icon

クリックで変更